送り出し機関の紹介

皆さん、”送り出し機関”という言葉を知っていますか?
技能実習生は母国で基礎的な日本語教育を受けてから日本に入国します。その日本語教育を行なっているのが送り出し機関です。入国前の期間でどこまで語学の基礎力を身につけることができるか、その後日本語習得に大きく影響を与えるため送り出し機関の選定はとても重要です。
そのため適正な日本語教育を行なっているのか私たち組合が直接、現地視察を行い評価を行います。私たちが自信を持ってお勧めできる送り出し機関としか提携を結んでおりません。企業の皆様にも時間が許す限り、送り出し機関を直接見て頂き教育の現場に触れて頂きたいと考えております。その際は、弊組合の担当者や通訳も同席させて頂きます。
しかし仕事の関係上、現地まで行くことが難しいことも理解しております。今年は送り出し機関の情報もこのコラムで提供できるよう準備を行なって参ります。

前の記事

成長の足跡